果南誕2018

今日2月10日といえば、果南ちゃんの誕生日ですね。

例によって果南誕イラストです。

 

YAMAHA FZX250 ZEAL × 松浦果南

 

はい、知る人ぞ知るYAMAHAのニーハン4発ネイキッドのZeal(ジール)です。

まず特徴として挙げられるのはそのデザインでしょう。「飛び跳ねるイルカ」をイメージしてデザインされた、タンクからテールにかけての流れるようなデザインは非常に個性的で斬新………………斬新??

確かにそのデザインは個性的ではありましたが、世間での評価は賛否両論。一般的なネイキッドはリアが跳ね上がったようなデザインのものが殆どですが、このジールは飛び跳ねたイルカの軌道のごとく緩やかな放物線を描いています。これを良しと見るか否かでこのバイクの評価は分かれるといったところでしょうか。

全体としてのまとまりは悪くはないんですが、同年代の4発ネイキッドと比べてどうしてもパンチが足りないような気がしてしまいますね(嫌いじゃないですけど

特にタンク周りのエンジンサイドカバーなんかは重厚感あってカッコいいですよね。

 

 

ちなみに中身の方ですが、エンジンは名車FZR250のモノを中低速向けにチューンして搭載。当時の新規制にも対応した40馬力で街乗り等扱いやすいバイクだったそうです。そのデザインが功を奏してか足つきも大変よく、ビギナーや女性ライダーに好まれたそうです。

 

 

 

とまあ、決して悪いバイクではなかったのですが他社に比べてデザイン的にコケてしまったジールは「あ〜そんなのあったね〜」と語り継がれる哀車となってしまったわけです。南無三。

 

 

 

 

 

……そんな哀エピソードはさておき、やはり果南ちゃんとバイクの親和性、これをもっと推していきたいですね。

 

メンバーの誰かを沼津駅までバイクに迎えに来て、ヘルメットをポーンと投げて「ほら後ろ、乗りなよ」っていう果南ちゃん、アリだと思いませんか?

うーんわからない…?そうですか……(

 

 

 

 

というわけで、果南誕イラストの紹介でした。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です